便秘解消すっきりライフ

早く出す便秘解消に役立つお薬、サプリメント、痩せる方法を伝授。

便秘解消に食物繊維が効く理由とは?

こんにちは、miaです。

今日は便秘解消に食物繊維が役立つ理由についてです。

「便秘には食物繊維を摂りましょう」と良いとよく聞きますが、なぜ便秘解消に
食物繊維がいいのでしょうか。


そもそも便とはなんでしょうか。

便(うんち)とは体が吸収することができなかった

食べ物が蓄積されて固まったもの
を言います。

そして、その「体が吸収することができなかったもの」

そのものが実は食物繊維
なのです。

これは結構衝撃です。便秘を解消するために食物繊維を摂るのに、

その便そのものも食物繊維なのですから。



ただ現実には食物繊維以外にも便になります。

その人の体の消化酵素がうまく働かなかったりすると消化できないものがあったりしますし、

そういったものを押し出すためにも食物繊維はとても大切です。




繊維の多いものを食べれば便の量が増え、食物繊維の少ないものを食べれば便の量は減ります。

ということは、消化されるもの(体に吸収されるもの)ばかりを食べれば、便にならないのです。

つまり、便の量を増やすには消化の悪いものを食べる必要があります。




お肉やお魚などのタンパク質やお米やパンといった炭水化物、植物性の油は消化吸収が良いです。

こういったものばかりを食べていると便の量は増えにくいです。




ただ、逆に体の消化吸収能力が悪いと逆に下痢になることがあります。

牛乳を飲むとお腹を下すなどというのは消化酵素がうまく働かないため、

吸収できずにお腹を下してしまうのです。

そのため自分が何を食べるとどのようになるか、

を日常からよく観察した方が良い
ですね。


便秘を解消するためにも、一般的に便秘に効く、と言われているものだけではなく

「自分の体質」もよく意識しておく必要があります。




スポンサーリンク


健康な便の基準



それでは健康的な便の硬さというのはどれくらいでしょうか。

一般的に、便は「練り歯磨きくらいの硬さ」「むいたバナナの硬さ」

良いと言われています。

便の太さは「500円玉くらい」が理想的と言われています。

便秘を解消するにはイメージを持つことも大切です。お腹をさすりながら、

こういった便の硬さや太さのものが出てくるのを日々トイレでイメージすることも

実はとても大切です。

モデルも実はこういった基本的なことを日々実践していたりします。

イメージのコツは

バナナくらいの硬さの便がツルンと出てくる

とイメージすることです。

便が出てきて「気持ちの良い」感じがするのをイメージすることもとても大切です。


便を柔らかくするには?



ではお腹の中に溜まった便をすっきり出すにはどうしたらよいのでしょうか。

ひとつは上記で書いたように、食物繊維を摂り、便の量を増やすことが大切です。

もう一つが水を飲むことです。

便の水分の割合がうんちの硬さを決めます。水分が多いと便は柔らかくなります。水分が少ないと便は硬くなってしまうのです。

ただ、一気に大量のお水を飲んでしまうとおしっこになって出てしまいます。

そのため、ちょこちょことお水を飲むほうが、便を柔らかくします。30分に1度くらいで

まずはちょっとずつ水を飲む癖をつけるのがおすすめです。

(よく、「朝起きたてに冷たい水をコップ一杯飲むと良い」と言います。

これは便を柔らかくするためではなく、腸の動きを活発化させるために良いのです。)

便をやわからくするためにどれくらいの水を飲むのが良いかというと、

1日2リットルを目安にしてください。

なお、純粋にお水を飲みましょう。お茶やコーヒー、紅茶などは利尿作用
があるのでおしっこになってしまい、便を柔らかくするにはお水がベストです。

どんなお水が良いかは、こちらの記事を参照してください。
便秘に効くお水とは?

なお、お水だけでなく豆乳・牛乳も便を柔らかくするのに役立ちます。

スルスルと便が出るとやっぱりすっきりしますし、気持ちが良いですよね。

イメージトレーニングと合わせて実践してみてください。

また、妊娠していると、水分は赤ちゃんにぐんぐん吸い取られてしまいますので、

いつもよりも多くの水分を飲むように心がけるようにしましょう。


関連記事

便を柔らかくするのを邪魔しない食物繊維を摂るために
以下の記事もご覧ください。

水溶性食物繊維と不溶性食物繊維、便秘に効くのはどっち?









関連記事
[ 2017/07/22 17:15 ] 便秘解消基礎知識 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する